旅にでよう

【三重県の歴史】岩の芸術・鬼ヶ城を紹介☆ 熊野の奇岩シリーズ①

 

実は熊野市は、知る人ぞ知る奇岩の宝庫!

 

街中にも・・・

こんな岩が ふつーにある、それが熊野市w

 

そんな熊野市の奇岩たちの代表格でもあるのが・・・

『鬼ヶ城』

たか
たか
桃太郎か!?ってね、思いますよねぇ^^; 

 

そんな鬼ヶ城がどんなところか、その周辺にある施設なんかもレポしていきます

 

鬼ヶ城はどこにある?

 

観光にきた人
観光にきた人
ところで、これどこにあるの?

 

鬼ヶ城は(意外にも)熊野市内にあります

アクセスしやすいのはいいですね^ ^

 

鬼ヶ城の奇岩具合はいかが?

 

“百聞は一見にしかず” なので

ここから写真攻め、いきます!

 

 

なんかゾクゾクしますよねぇ?笑

でも、この奇岩具合は、実物を見てみないと伝わらない…かもです^ ^;;

 

この奇岩はもちろん自然が作ったもの。

自然のチカラがあったからこそ、この造形美が生まれたんだなぁ、、というのを考えながら見てみると

「もっと自然を大切にしなくちゃ!」っていう気持ちに きっとなれるかなぁと、僕は思うんです。

 

たか
たか
壊すのは簡単だけど、作り出すのは容易ではないのです 

 

休憩&腹ごしらえは 『鬼ヶ城センター』で

 

敷地内には『鬼ヶ城センター』という複合施設があります。

主に

  • 地元の特産、お土産
  • 熊野市や熊野古道についての情報発信
  • レストラン併設

が、施設内には備わっています

 

《一階》売店 &テイクアウトコーナー

一階の売店には、熊野市特産の柑橘である「新姫」を使った飲料や加工品

優良な食材である証の「三重ブランド」にも認定されたという熊野地鶏や、この地方ならではの地酒(日本酒orビール)なんかも販売されています。

 

↑ タビビト、日本酒を買う。(「フリーター 家を買う」みたいな)

 

柑橘の爽やかな味わいなので、これは悪酔いするやつですねw

地元 熊野市だけでなく、三重県や東紀州のお土産などもあるので、気にいるものがきっと見つかるはずです^ ^

 

また、テイクアウトコーナーなんてのもあり

熊野地鶏の手羽先唐揚げや、熊野市でしか収穫されない特産品の柑橘・新姫のソフトクリームが人気です

“可愛い&美味しそう” だったので 思わず(笑)

 

《一階》カフェ・ソレント

 

施設入り口から入って一番奥にあるカフェ施設なのがここ。

たか
たか
訪ねた時は休みだったという不運。。 

 

えむさんが以前こちらを利用したことがあったらしく

えむさん曰く…

えむ
えむ
パニーニとジェラートは外せない!

とのことです。

写真がなくて申し訳ないですが、、これは一度食べてみなければっ!

 

《二階》リストランテ・マリーナ

海が目の前に広がる景色の良さ

デッキ席もあって、晴れた気持ちの良い気候のときには最高じゃないですかね^ ^

美味しそうです!

熊野地鶏など、熊野の食材を使った料理が特徴

たか
たか
やっぱり魚は美味しいですね! 

 

営業時間 11:00〜16:00(ラストオーダー 15:00)
店内28席、デッキ9席

 

 

熊野古道もすぐ近くにあります

 

鬼ヶ城センターの駐車場から歩いて数分のところに

熊野古道・松本峠の入り口があります。

 

たか
たか
「これぞ熊野古道!」っていう雰囲気を味わえます♪^ ^

 

この熊野古道・松本峠の道は鬼ヶ城センターの駐車場に繋がっているので

「ちょっと熊野古道を歩いてみたいな」って方にはオススメです!

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか?

 

鬼ヶ城の奇岩をめいっぱい楽しめるのは もちろん、近くには熊野古道もあるので

いろんな用途で利用できるのではないでしょうか?(休憩施設も すぐそばにありますしね^ ^)

 

ぜひ近くにお越しの際の参考にしていただければと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

おわり

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA