旅にでよう

【南紀白浜】マリオットホテルに宿泊。部屋や料金、食事など気になるアレコレを解説

 

南紀白浜といえば、関西では「リゾート地」として人気のある場所となっています。

人気の理由はいくつもあり

  • 白い砂浜が綺麗な「白良浜」
  • 日本一パンダが多い「アドベンチャーワールド」
  • 日本三古湯に数えられる「白浜温泉」
  • 「三段壁」や「千畳敷」といった観光スポット

などなど、他にも見どころが多い南紀白浜。

 

それに加え、リゾート地ということでホテルもたくさんありますね!

A子さん
A子さん
ホテル、調べてみるといっぱいあって、

どこがいいんだろう??

いろいろあるホテルの中から、今回は「南紀白浜マリオットホテル」を紹介していきます。

 

たか
たか
実際に泊まってみたので、個人的な感想も含めて解説していきます! 

内容は以下のように進めていきます。

  • マリオットホテルとは?
  • ホテル内はどうなってる?館内施設や部屋を紹介
  • ホテル内レストランの朝食を利用してみました
  • 南紀白浜観光でおすすめのスポットを紹介

ぜひ最後までご覧になってもらえればと思います^ ^

 

マリオットホテルとは?

アメリカに本拠を置き、世界各地でさまざまなブランドのホテル運営を行なっている企業で、約65年以上の歴史があります。

代表的なものでは…

  • マリオット
  • ウェスティン
  • リッツカールトン
  • シェラトン
  • モクシー

などなど、一度は聞いたことのある名前のホテルがありますね!

 

これらのホテルに泊まる際に注意したいのが『服装』です。

たか
たか
ドレスコードというものですね 

基本的にはスマートカジュアル以上の服装が望ましく、チェックイン・アウトやレストランに行くときはもちろんですが、ホテル滞在中もあまりラフすぎる服装でない方がいいかと思います。

服装が合っていないからといって注意されるかはわかりませんが、周りがキチッとした格好をしている中で自分だけ目立つ格好をするのは…??ですよね^ ^;

ということで、スマートカジュアル以上の服装を心がけましょう。

 

白浜マリオットホテルの中はどうなってる?館内施設や部屋を紹介

それでは、世界展開しているホテルに入ってみましょう^ ^

(※夜に到着したので、写真が暗くてすいません)

 

入り口を入ってすぐにパッと開けたラウンジが目に飛び込んできます。

たか
たか
南紀白浜ということで、さりげなくパンダがいますね(笑) 

入り口を入って右側に「受付」や「ショップ」「エレベーター」などがあるので、ここに来たらまずはこちらへ向かいましょう。

 

食事ができる場所は?

※公式サイトより引用しました

朝食やディナーをいただけるレストランは、三階にある「Grill & Dining G」になります。

【朝食】ブッフェ 平日 7:30~10:00 (日曜は7:00~)
【朝食】アラカルト 7:30~11:00(L.O. 10:30) (日曜は7:00~)
【ディナー】 17:30~22:00 (L.O. 21:00)
場所 3F
総席数 180席

 

※公式サイトより引用しました

一階のラウンジにもドリンクや軽食をいただけるスペースがあります。

営業時間 11:00~23:00(L.O.22:00)
場所 1F
総席数 50席

 

ホテル内で利用できる施設は?

※公式サイトより引用しました

利用できる期間がありますが、屋外にはプールを完備されています。

利用期間 7月初旬〜9月末
利用時間 8:00〜18:00
料金 宿泊者は無料

 

※公式サイトより引用しました

一階のラウンジはワーキング目的でも利用することができます。

Wi-Fiはもちろん完備されており、朝も早くから空いているので使い勝手は良いですね^ ^

営業時間 7:00〜22:00
場所 1F
料金 宿泊者は無料

11:00〜22:00の間はドリンクもしくはフードを最低一つ注文する必要があります。

 

館内にはフィットネスできる場所も完備されているので、運動したい人や普段運動不足を感じている人は利用してみるのもいいですね♪

営業時間 24時間
場所 1F
料金 宿泊者無料
  • 予約制となっているので、フロント(アットユアサービス)にお申し込みください。
  • 利用時間は1回につき1時間まで。
  • 同時間は基本1名様のみの利用となるが、同グループ内でのご利用の際には2名様まで。

 

ホテルで貸出しているレンタサイクルがあるので、白浜の街中を散策するのにもおすすめです^ ^

時間 8:00〜20:00
料金 500円(3時間) 770円(5時間) 1,100円(12時間)

 

今回泊まった部屋を紹介

白浜マリオットホテルの客室は全部で8種類と、いろいろなタイプの部屋がありますが、ワタシたちが今回泊まったのは1番ベーシックな部屋でもある『スーペリアルーム・ツインキング』になります。

 

部屋の広さは42㎡(26畳ほど)です。

 

今回は二人でしたが、三人で利用した場合にはエキストラベッド(ソファベッド)を用意してもらえるとのことです(公式サイトより)

 

テレビや無料のWi-Fiも館内で完備されていますよ。

 

小型の冷蔵庫や、各種スティックコーヒーなどもありますね。

 

ルームウェアもあるので、わざわざ家から持ってくることもなさそう^ ^

右に写っているのはスマホの充電コードで、この心くばりは嬉しいですね♪

充電コードは、iPhoneのもの(ライトニングケーブル)やタイプCケーブルもありました。

 

部屋の鍵は写真のようなカードキーになっていて、受付の時に渡されます。

たか
たか
このカードはいろいろなところで使いますよー 

 

例えば…

  • お風呂へ入室する
  • フィットネスジムへ入室する
  • レストランの受付に

部屋から出る時は必ず持っていきましょうね!

「他の部屋は何があるの?」という方のためにこちらを参考にしてください^ ^

  • 和室
  • 和洋室・庭園側ツインキング
  • 和洋室・海側ツインキング
  • デラックスルーム・ツインキング
  • 温泉ビューバス付・プレミアムツインキング
  • ジュニアスイートツイン
  • エグゼクティブスイートキング

詳しく知りたい方は こちらの公式サイトの客室をご覧くださいね。

お子様を連れて宿泊をされる場合の特典がマリオットホテルにはあり、以下のような内容となっています。

  • 12歳以下は朝食が無料
  • 12歳以下は添い寝無料
  • キッズ用アメニティがついてくる
  • アイスクリーム無料
  • ラウンジの利用無料

※ただし、ホテルによっては条件が異なってくるのと、会員の種類によっても変わってきますので、気になる方はこちらの公式サイトにて確認してみてください。

 

温泉について

白浜マリオットホテルのお風呂は、日本三古湯の一つにも数えられている『白浜温泉』となっています。

 

残念ながら、中の写真は公開することはできないので、こちらの公式サイトの温泉を見ていただけたらと思います^ ^

たか
たか
11Fにあるので、お風呂に入りながら白浜の展望が望めますよ♪ 
営業時間 5:00~10:00、12:00~24:00 ※月曜の男性風呂は14:30~、火曜の女性風呂は14:30~となります。
場所 11F
泉質 含硫黄 – ナトリウム – 塩化物・炭酸水素塩泉
効能 やけど、創傷、皮膚炎、神経痛など

 

白浜マリオットの朝食をいただいてみました♪

今回マリオット内にあるレストラン「Grill & Dining G」にて朝食をいただいてみました。

こちらの場所はホテルの3Fで、平日 7:30~10:00 (日曜は7:00~)からとなっています。

宿泊プランに食事がセットになっていない場合でも、レストランの受付で伝えれば食事をいただくことができる場合があります(私たちはそのパターンでした)

参考までに^ ^

 

食事はバイキング形式になっていて、ホテルのある和歌山県の特産品など(みかんや南高梅etc)をいただくことができます。

 

こちらの紙は、オムレツなど卵料理を食べたいときに記入するものになっています。

書いたものは従業員の方に渡したらOK!

 

この綺麗なカタチ、、素人にはできないプロの技ですね!

味ももちろん美味しかったです♪

 

地元のお店で食事したい人は?

「ホテルの食事ではなくて、その場所にあるお店で食事したい!」という人は、こちらを参考にしてもらえればと思います。

これはマリオットの受付でいただいたものになります(2022年11月現在)

いろいろなお店が歩いて行ける範囲にあるので、散歩がてら行ってみるのも良いかもですね^ ^

 

参考として、時間別に一部紹介してみると…

【モーニング】

  • cafe FAB(8:00〜)
  • CAFE ZIN(9:30〜)

【ランチ】

  • 喜楽(11:00〜)
  • 幸鮨(11:00〜)
  • レストラン・サカクラ(11:30〜)

【ディナー】

  • 大皿惣菜・まぁる(17:00〜)
  • IZAKAYA もん(17:00〜)
  • 煌-KIRA-(17:00 〜)

他にもいろんな種類のお店があるので探してみてくださいませ!

 

南紀白浜観光でおすすめのスポットを紹介

白浜マリオットホテルから近い、おすすめの観光スポットをピックアップしましたので、参考にしていただければと思います。

アドベンチャーワールド

実は “日本一パンダの多い動物園” だということをご存知でしょうか。

可愛いパンダを見に行ってみてください^ ^

【パンダ飼育数 日本一】南紀白浜アドベンチャーワールドに行こう! いきなりですが、質問です^ ^ パンダ! といえば どこを思い浮かべますか?? ↑二日酔いの...

 

三段壁、円月島

自然が作り出した造形美をぜひ見てもらいたい!

円月島は観覧料とかは必要ありませんので、気軽に行ってみてもらえたらと思います。

【随時更新】南紀白浜のオススメ観光スポットを紹介南紀白浜の魅力は海以外にもあります! そんな観光スポットを(あえて、アドベンチャーワールドを除いて)ご紹介。 定番の二つのスポット、そこまでの移動手段など。...

 

その他、南紀白浜の観光まとめ

上記のスポット以外にも、南紀白浜には まだ見どころがありますので、気になる方はこちらもご覧になっていただければ嬉しいです^ ^

【まとめ】和歌山県 白浜の楽しみかたを紹介! 旅行ガイドマップ(自家製)南紀白浜ってどんなとこ? 夏の海水浴シーズン前に行ってきた様子を、写真を交えてお届けします!...

 

おわりに

いかがでしたか。

南紀白浜を観光する起点に、今回紹介した白浜マリオットホテルを候補の一つにしてもらえればと思います。

今回のブログでは以下の内容を解説してきました

  • マリオットホテルとは?
  • ホテル内はどうなってる?館内施設や部屋を紹介
  • ホテル内レストランの朝食を利用してみました
  • 南紀白浜観光でおすすめのスポットを紹介

楽しい南紀白浜観光になりますように^ ^

 

個人的に、旅行でのホテル予約などは主にこちらの【日本最大級の旅行サイト】楽天トラベルを使っています。

理由は、楽天で貯めたポイントを使えたり、さらにポイントを貯められたりとネットで買い物をよくするワタシには嬉しい♪

他にもJTBホームページなどと比較して、自分に合ったプランを見つけてみてくださいね^ ^

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

おわり

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA